「飲酒・ひき逃げ事犯の厳罰化運動」のその後


昨年の暮れ、故・佐藤隆陸さんのお母さんから、標記の件につき、下記のようなお便りが届きました。

(内容要約)
「民主党が飲酒ひき逃げを厳罰化するための法改正案を衆議院に提出しました。
 そして、自民党でも『飲酒ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会』 よりヒアリングするための会議が催され、出席してきました。これから、 来年の通常国会に向けて、自民党および関連省庁が最終的にどのようにまとめてくれるのかは 未定ですが、何らかの形としては残るのではないかと期待しております。 大分高専の同窓生に参加頂いた平成16年9月17・18日の大分市での署名活動が 原点であるといつも思っております。同窓生の皆々様によろしくお伝えください。」


□民主党は、昨年12月6日に飲酒ひき逃げを厳罰化するための刑法など関連法改正案を
  衆議院に提出しました。

□自民党は、昨年12月15日に永田町の自民党本部にて、
 「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会」よりヒアリングを実施しました。

□ 「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会」は  2005年7月に発足しております。故・佐藤隆陸さんのご両親が共同代表者になっておられます。


連絡先:〒262−0017 千葉市花見川区朝日ヶ丘4−12−1−1−310
 「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国連絡協議会」(井上方)
 ・TEL&FAX 043−276−4162
 ・E−mail kanachikanori@cnc.jp


                                      2007年1月 明愛会長 青木 一

 AllrightReserved(C)2003大分高専同窓会 製作:Wants問い合わせ:admin@onct-meiaikai.net